Aカップを脱出するには、どんなエクササイズをやればよいのでしょうか? バストはそのほとんどが脂肪分でできていますが、その奥には胸筋があります。 実は、この胸筋を鍛えることで、バストのボリュームをアップするだけでなく、バストが垂れるのを防ぐという効果もあるのです。 バストは小さくても垂れるということをご存知でしょうか? 小さいバストなのに垂れているって、もう最悪ですよね。 もちろん、バストが大きな人は特に垂れやすいですから、胸筋を鍛える必要があるでしょう。 例えば、お相撲さんは女性のように胸が大きいですが、垂れている人はいません。 それは、鍛え抜いた大胸筋の上に脂肪がのっているためです。 女性のバストとはちょっと違いますが、ボディービルダーの男性も胸が大きいですよね? 男性でも大胸筋を鍛えれば、あんな風に胸が大きくなります。 大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せなどが有効ですが、念仏体操も手軽でオススメです。 念仏体操は、胸の前で両手の手のひらを合わせて、ちょうど拝むような体勢を作ります。 そして、腕の力を使うのではなく、大胸筋を意識して手のひらを押し合うようにします。 手のひら同士を押すのではなく、できるだけ大胸筋に力を入れるようにするのがポイントです。